自転車の手入れを初体験

12月 6th, 2014

サイクリング用の自転車が懸賞で当たりました。それまでママチャリタイプの自転車しか乗ってこなかった私にとっては、この上ない高級品です。安い自転車と同じように使っては駄目だろうと、それからは自転車の手入れ方法のガイドを見てメンテナンスに取り組むようになりました。
ぬれたら拭く、汚れたら拭く。今までの私は、そんな基本的なこともできていなかったのだなと、手入れの仕方を学んで痛感しました。通りでママチャリの動きは錆でどんどん鈍くなっていったはずです。毎回の如く手入れをして、二月に一回くらいチェーンやギアまわりに油をさすようになった自転車は、いくら乗っても軽快に回り続けるものになりました。
自転車がピカピカしていると、見ていて気持ちがいいです。それまでは自転車の見た目などは気にしたことはなかったのですが、考え方がガラリと変わりました。
これからも日々の手入れを忘れず、よい自転車をよい状態で長く乗り続けていきたいです。

自転車を買取ってもらう時のテクニックとは

11月 30th, 2014

自転車を買取してもらいたい時に役立つテクニックがありますが、基本としてまずお手入れをしておく事が大切と言えます。査定をしてもらう際に油汚れや泥汚れなどがあると見た目の印象が悪くなりますし、状態が悪く見える自転車というのは買取業者も敬遠します。査定に出す前にきちんと磨いておけば印象のアップにもなりますし、プラス評価を付けてもらえる事もありますので、汚れ対策をしておくと良いでしょう。
また、油を差しておくなどのお手入れも大切です。キーキー音がするような状態だったりしますと印象を悪くしますので、事前に状態をよく確認して必要ならばメンテナンスをしておいた方が良いと言えます。
状態が悪くなる前に売りに出すのもポイントです。不要になってしまった時には放置してしまう事もあるものですが、放置して錆びが発生するとマイナス査定の原因になりますし、また古いモデルになってしまうと価値も落ちてしまいます。高く売る為には状態が良くモデルも新しい事が大切ですので、早めに売るようにした方が高値が付き易くなります。